自然災害や金融危機、事業の不振により、企業が経済的苦境にたたされた時、その企業さらには従業員や取引先などの関係者が被る不利益を最小化し、再建のチャンスを最大化するサポート業務を久留米・朝倉2拠点でサポートするあさくら総合法律事務所では提供しています。 企業の再生で、最も大切なことは、一刻も早く手を打つことです。
是非、早期に福岡・久留米を拠点とする 久留米・朝倉2拠点でサポートするあさくら総合法律事務所にご相談ください。

自然災害や金融危機、事業の不振により、企業が経済的苦境にたたされた時、その企業さらには従業員や取引先などの関係者が被る不利益を最小化し、再建のチャンスを最大化するサポート業務を久留米・朝倉2拠点でサポートするあさくら総合法律事務所では提供しています。 企業の再生で、最も大切なことは、一刻も早く手を打つことです。
是非、早期に福岡・久留米を拠点とする 久留米・朝倉2拠点でサポートするあさくら総合法律事務所にご相談ください。

「再建型手続き」

財務状況の悪化が比較的軽いものなら、金融機関などの債権者との交渉によって問題を解決できます。

「清算型手続き」

財務状況が大幅に悪化している場合には、裁判所関与のもと、特定調停、民事再生手続や会社更生手続をとり企業再生を行います。

私的整理とは、裁判所が関与せずに個別に債権者と返済案を協議・合意して再生する手法のことです。
個別に金融機関などの債権者と、金利の減率、返済期限の猶予や、元本の一部免除などについて交渉し、承諾を得て資金繰りを緩和させ、その間に経営の合理化(経費削減など)を図るなどして、企業再生を行います。会社法上の手続(事業譲渡、会社分割、特別清算など)を利用して企業再生を行うこともあります。