TEL 0946-23-9090

弁護士法人あさくら総合法律事務所

あさくら事務所

〒838-0068
福岡県朝倉市甘木955-11
朝倉商工会議所会館内 3F
TEL 0946-23-9090
FAX 0946-23-9088

営業時間
平日 9:00〜18:00
土日/祝日:ご要望により対応可能
>> アクセスはこちら

久留米事務所

〒830-0018
福岡県久留米市通町10-4
富士火災久留米ビル6F
TEL 0942-46-9090
FAX 0942-46-9100

営業時間
平日 9:00〜18:00
土日/祝日:ご要望により対応可能
>> アクセスはこちら

あさくら司法書士事務所

〒838-0068
福岡県朝倉市甘木955-11
朝倉商工会議所会館内 3F
TEL 0946-23-9101
FAX 0946-23-9200

営業時間
平日 9:00〜18:00
土日/祝日:ご要望により対応可能
>> アクセスはこちら

業務対応エリア

■福岡県全域
福岡市 / 北九州市 / 大牟田市 / 久留米市 /
直方市 / 飯塚町 / 田川市 / 柳川市 /
八女市 / 筑後市 / 大川市 / 行橋市 /
豊前市 / 中間市 / 小郡市 /筑紫野町 /
春日市 / 大野城市 / 宗像市 / 大宰府市 /
古賀市 / 福津市 / うきは市 / 若宮市 /
嘉麻市 / 朝倉市 / みやま市 /篠栗町 /
志免町 / 須恵町 / 新宮町 / 久山町 /
粕屋町 / 芦屋町 / 水巻町 / 岡垣町 /
遠賀町 / 小竹町 / 鞍手町 / 桂川町 /
筑前町 / 東峰村 / 大刀洗町 / 大木町 /
広川町 / 香春町 / 添田町 / 糸田町 /
川崎町 / 大任町 / 赤村 / 福智町 /
苅田町 / みやこ町 / 吉富町 / 上毛町 /
築上町 / 

■佐賀県主要エリア
佐賀市 / 鳥栖市 / 神埼市 / 唐津市 /
基山町 / 上峰町 / みやき町 / 吉野ヶ里町 /

■大分県主要エリア
大分市 / 中津市 / 宇佐市 / 玖珠町 /

提携企業 西日本リサーチ株式会社
無料法律相談
事業継承 事業継承に関するご相談は、福岡・久留米を拠点とする あさくら総合法律事務所にご相談下さい。

会社経営を後継者に引き継ぐ際の、事業継承には、大きく分けて3つの方法があります。どの方法で事業
継承を行うにしても、法的な検討が必要です。
事業継承でお悩みの際は、福岡・久留米を拠点とする あさくら総合法律事務所へご相談下さい。

事業継承の種類

1.経営者の家族、その他親族への事業継承

メリット
  • 社内外の関係者から心情的に理解を得られやすい。
  • 会社の所有と経営を分離せず維持できる可能性が高い。
  • 早期に後継者を決定することができるので、時間をかけて後継者を育成し、継承
    準備を十分できる場合が多い。
  • 相続等の方法によって、相続税はかかるが、比較的少額の資金負担で会社の事業用資産や株式を整理することができる可能性がある。
デメリット
  • 親族内に経営の能力と意欲がある後継者がいるとは限らない。
  • 兄弟姉妹など相続人が複数いる場合、後継者の決定が困難となったり、経営権の
    集中がトラブルになったりする場合がある。
  • 後継者以外の他の相続人への相続財産分配の公平性を確保することが難しくなる
    ことがある。

2.役員や従業員または社外の有能な人物への事業継承

メリット
  • 社内で長期間勤務している従業員に継承する場合は、これまでの経営との一貫性・一体性があり、事業継承が受け入れられやすい。
  • 優秀な適任者を広く求めることができる。
デメリット
  • 株式取得などの十分な資金力がないことが多い。
  • 経営者の個人債務保証や会社の負債をどのように処理するかが問題となる場合が
    ある。
  • 親族やオーナー一族との間で軋轢が生ずる可能性がある。
  • 社外からの人物を招き入れた場合、会社の組織文化と調和せず、役員・従業員が
    反発し、うまく事業継承を実現することができない可能性がある。

3.他の企業等・第三者への事業継承(合併、M&Aなど)
 合併や株式交換、営業譲渡、買収などのM&Aによる事業継承。 M&Aには、会社の全部を譲渡する
 方法と、会社の一部を譲渡する方法があります。

メリット
  • 現経営者は事業売却の利益を得ることができる。
  • 後継候補者を広く外部に求めることができる。
デメリット
  • 経営の一体性・一貫性を保つのが困難な場合がある。
  • 希望の条件(売却価格、従業員の雇用等)を満たす買い手を見つけるのが困難な
    場合がある。
  • 会社の組織文化と買主企業の組織文化とが調和しない場合、役員・従業員が
    反発し、事業継承が難しくなる可能性がある。
法律相談のご予約・お問い合せ TEL0946-23-9090

Copyright (c) 2012 ASAKURA LAW OFFICE All rights reserved.