後遺障害等級認定があるケース
1)高次脳機能障害(5級2号)で、5500万円を獲得した事例(30代男性)

福岡県在住の男性(30代)が原動機付自転車で優先道路を走行中、加害車両が一時停止の道路標識を無視して交差点に進入し、右第3腰椎横突起骨折等の傷害を負った事案。

1996

5500

2.7

3504

2)上肢の関節機能障害(12級6号)で、894万7971円を獲得した事例(60代女性)

福岡県飯塚市在住の女性(60代女性)が原動機付自転車で優先道路を走行中、加害車両が交差点に進入して接触し、右橈骨遠位端骨折、右側胸部打撲、右膝関節打撲等の傷害を負った事案。

322

894

2.7

572

3)被害者請求を行い、後遺障害(14級)を獲得した事例(40代男性)

福岡県みやま市在住の男性(40代)が歩道を通行していたところ、加害車両が路外から車道へと歩道を横断した際に衝突した事案。

596

4)被害者請求を行い、後遺障害(14級)を獲得した事例(50代男性)

福岡県在住の男性(50代)が車両停止中に追突され、外傷性頸部捻挫の傷害を負った事案。

291

558

1.9

267

5)被害者請求を行い、後遺障害(14級)を獲得した事例(60代女性)

福岡県筑紫野市在住の女性(60代)が車両停止中に追突され、頚部捻挫、外傷性心因性高血圧症等の傷害を負った事案。

154

295

1.9

141

6)異議申立てをして後遺障害(14級)を獲得した事例(20代女性)

福岡県在住の女性(20代)が車両停止中に追突され、 頸椎・腰椎捻挫、右肩部打撲傷等を受傷された事案。

95

252

1.8

157

後遺障害等級認定がないケース
1)賠償額を約1.5倍増額した事例

福岡県飯塚市在住の女性(60代)が道路走行中、加害車両が路外から車道へと 横断した際に被害車両に側面衝突し、頸椎・腰椎捻挫、右肩部挫傷の傷害を負った事案。

119

179

1.5

60

2)賠償額を約1.9倍増額した事例

福岡県在住の女性(30代)が停車中に追突され、外傷性頸部症候群の傷害を負った事案。

66

129

1.9

63

3)賠償額を約3.2倍増額した事例

福岡県太宰府市在住の女性(40代)が優先道路走行中、黄色信号点滅のため、 一旦停車後に走行開始したところ、赤色点滅中の加害車両が停車せずに走行したため衝突し、 外傷性頸部症候群、両側肩関節周囲炎等を受傷された事案。

28

90

3.2

62